新生活応援セール!6,000円以上のご利用で20%OFF!(一部対象外アイテム有)

土曜日は周南市まで行ってまいりました

土曜日は午後から車いっぱいの羽毛布団を周南市へ

 

納品、そして引取りへ。周南まで高速で行ってきました。

私黒川の祖母も周南におり、割と身近な存在、旧徳山市。

私はいまだに「徳山」の方がしっくりくるのですが・・・

 

納品が終ったらちょうど晩御飯時。

本日は奥様と子供が仲良し家族の元へお泊りへ。

ってことで外食で夕食をすます事に、車の中でスマホでサクッと調べたラーメン屋さんへ。

下松駅前の「北斗亭」という、地元の方に愛される牛骨ラーメンのお店。

ラーメン屋北斗亭

ごくごく普通に相席をうながされ店内へ。

店内はちょうど近くでお祭りもあるからか、常に満席。

テーブル席が4つだけの小さなお店。

メニュー表

 

中華そばと「いなり」だけという、なんとも潔いメニュー。

中華そばの「中」と「いなり」を注文。

牛骨ラーメン

いなりは普通においしい、ごく普通のいなり。

気になる中華そばのお味の方は、なかなか美味しい。

なんでも下松は「牛骨ラーメン」推しなのだとか。

豚骨にはない野性味、でも臭みは一切なく、ほどよい甘味とコクのあるスープでした。

 

驚いたのは常連さん。

自前の鍋を持ち込んでごく普通に「お持ち帰り」

ほんとだ、メニューに書いてある。と思いながら、「地元のお店」の心地よい空気感を感じたのでした。

 

そういえば私が子供の頃は、500円玉をにぎって近所のお好み焼き屋さんに行ったものですが。

最近の子供たちには、なかなかない事なのかも。

子供だけで外食も、ある意味社会勉強かもしれませんね。

もっとも、子供だけで外食させて!なんて言われかねない時代でもあったり。

なんだかさみしさと、懐かしさを感じながら、お店を後にしたのでした。