まとめて出すほどお得♪ 最大1枚2,750円でクリーニング!!

マットレスのクリーニングもお任せ下さい

ボナノッテのマットレス

最近はよくマットレスのクリーニングをお預かりします

 

画像はお預かりした「ボナノッテ」のマットレス。

通販でご存じの方もいらっしゃるのでは?

よくあるウレタンフォーム製のマットレスですね。

販売元もアナウンスする通り、基本的にクリーニングは不可です。

なんといっても洗濯した後の乾燥が非常に困難。

静止状態で乾燥しなければ、マットレスには大きなダメージが加わります。

加えて、通常のおふとんより乾燥に莫大な時間を要します。

 

通常の敷ふとんは静止状態で、80度の温度で2時間半ほど。

厚みがあるものは+1時間。

 

ウレタンフォーム製のマットレスに関してはこの「倍」でもまだ不十分。

8~9時間をかけて乾燥させるのです。

だから申し訳ありませんが、クリーニング代も通常の敷ふとんよりかなり高いのです。

きちんと仕上げるために、しっかりと時間を頂き、作業させて頂きます。

 

また、気をつけねばならないのはカバーを外して洗濯する場合。

カバーを下手に洗うと元通りの姿に戻せません。

それは、カバーが縮んでしまうからです。

一応はメーカーさんもこの辺りは配慮しており、縮みにくい繊維を使用したり。

サイズをあまりタイトにせず、ややゆとりを持たせたり。

ファスナーの開口部を大きく取るなど、10年前に比べれば洗う事への配慮が進みました。

昔の設計は本当にクリーニング屋泣かせでしたからね・・・

 

じぶん敷ふとん

こちらは南区のお客様からお預かりしている「じぶんまくら」の「じぶん敷ふとん」です。

「マイまくら」の「からだマクラ」ではありません。

ややこしいですね、なんだか。

 

最近流行っている「高反発ウレタンフォームマットレス」

価格は決して安くありません。高価な製品だからこそ、信用できるお店にメンテナンスを任せましょう。

布団のクリーニングはキレイにするだけが目的ではありません。

高価な製品だからこそ、その寿命を長持ちさせる事が大事ですよね?

 

私たちアイクリーンサービスに是非お任せ下さい。

キチンと考えてクリーニング。ただキレイにするためのクリーニングは致しません!