まとめて出すとお得♪最大20%OFF!(一部対象外アイテム有)

京都での戦いを終えて

京都市武道センター

日曜日は京都市武道センターにて

 

こどもたちが空手の大会へ出場。

今年二度目の京都での試合でした。

西日本空手道選手権大会

 

結果は兄が二回戦敗退。

弟がベスト8。

入賞は射程圏内と考えていただけに、少し残念な結果となりました。
ですが、勝負事に勝つのは決して簡単ではありません。全力で挑んだ二人にはいつもながら勇気をもらいました。

わが子が4歳から通う極真空手。
極真空手の試合は大勢の目の前で、相手と全力で殴り、蹴り合うフルコンタクト空手です。

 

自戒の念を込めて書きますが、私はわが子に期待するばかりに、試合で負けた直後には強い口調で叱責したり、ダメ出しをする父親でした。

道場以外で行う自主トレーニングもスパルタ方式。小学生低学年には過酷な、とてもキツイ事をかなりやらせました。

二人とも嘔吐するまで階段ダッシュを繰り返した事もあります。いえ、父親である私が繰り返させたのです。

それでも頑張った甲斐はそれなりにありました。
数え切れないほどのトロフィーやメダルに賞状が、実家のリビングには飾ってあります。

本人たちが努力したからですが、努力を強いていたのは私です。本当は自主的に頑張ってほしいのですが、子供はそうもいきませんね。

父親が尻を叩き、ときに声を荒げ、けしかけて頑張らせていたのが当時の姿です。

今現在はどうしているかというと、当時鬼のようだった父親の私はかなりかわりつつあります。

しかし、子供たちは自主的になんでも努力しているわけではありません。でも少しずつですが変わりつつある。そのように感じています。

 

ふと考えたのです。

父親が尻を叩けばそれなりに結果は出ますが、尻を叩く父親がいなくなったらどうなるのか?そのような事を考えたとき、とても不安になってきたのです。

自分たちから努力をする。買ってでも苦労をする。

そんな男になってほしい。だからまず父親である私が変わり、その姿を見て思う事があれば、子供たちも徐々に変わっていくのでは?そんな淡い期待ではありますが、長い目で見たときにはきっと身を結ぶ。そう信じて日々を変化させながら過ごしています。

人を変えようと思えば、まずは自分を変える。ですね。

決して私から「あーせい!こーせい!」とは言いません。

しかし、君たちが努力するのなら私は絶対に応援する。自分の時間は可能な限り割いて君たちに協力する。

その思いを日々一生懸命伝えています。

やればできるとは限りませんが、やれば伸びるのは間違いありません。

おそらくは子どもたちを通し、父親である私本人がその意味を反芻しているのでしょうね。

「育児は育自」

月並みな言葉ですが、正しくそうだと思う小学5年生の父親であります。

 

羽毛布団リフォーム

さて、ばりばりの私事を書き連ねたこの二日間のブログですが。

仕事も忙しくしております。

画像は羽毛布団リフォームの布団を、提携先のリフォーム工場に送る準備です。

羽毛ふとんリフォームの取り扱い数がドンドン増えております。もちろん、リフォームが必要かどうかの判断からお手伝いさせて頂きます。

あなたのお布団の困りごと、アイクリーンサービスに是非ご相談下さいね。